ECOLE FES-2019 セッター紹介⑤

Facebook&インスタにて告知しておりました「ECOLE FESTIVAL-2019

 

いよいよ残り12日で開催となりました!!

facebookイベントページはこちら

エントリーフォームはこちら

 

それでは一昨日に引き続き5人目のゲストセッターを紹介します!!

一体何人呼んでんだって感じですよね(笑)頑張りました( `ー´)ノ

1人目・・・徳永一也

2人目・・・山下和彦

3人目・・・渡辺数馬

4人目・・・井関徹

 

それでは5人目・・・

 

枝村 康弘 (Yasuhiro Edamura) DATA ; 山口県/171cm/48歳)

 枝村康弘

 

19歳のときにクライミングと出会い、主に九州の岩場を中心に活動を行ってきた。

 

外岩では特に花崗岩にめっぽう強く、細かいスタンスを刻む課題には絶対的な自信を持つ。その影響もあってか保持力ではなくあくまでバランス感覚で登る課題に定評があり、緩傾斜、特にスラブ課題は秀逸で、老若男女問わずセッションできる課題を生み出すプロフェッショナル。

 

ECOLEのセットは今回で3回目、数々のスラブ好きをホクホク顔に、また強傾斜好きを悩ませていただいた(私も悩んだ側なのは内緒笑)。

そんなベテランセッター枝さんの岩場チックでバランシーな課題に期待しちゃいましょ♪

 

 

もう迷う必要はありません!ぜひ参戦を!そしてフェス当日をお楽しみに!

 

【セッター枝村康弘から選手へ向けて一言】

選手の皆さん、岩場っぽい課題も楽しんでみてくださいね!

 

以上で5日間に渡り今回ルートセットを主に担当する5名の紹介を終えましたが、いかがでしたでしょうか?

 

当たり前の事ですが、クライミングをする上で課題というのは絶対的に必要で、コンペとなれば更に質が求められます。

その課題を作るセッターとは言わばコンペの命綱。

 

しかし我ながらすごいセッターを集めたもので(笑)

間違いなく面白いコンペになりますよ♪

 

--スケジュール--

 ※タップで拡大

競技スケジュール

スケジュールは参加人数により一部変更する可能性があります。

 

--大会要項--

大会要項1

 

大会要項2

 

 

【 申し込み方法 】

専用エントリーフォームにて。 締め切り:4月16日(火)

エントリーフォームはこちら

 

現在まだ各クラス空きがあります。特にファン・ミドル・エキスパートの方、スーパーwelcomeです!