ECOLE FES-2019☆セッター紹介④

facebook&インスタにて告知しておりました「ECOLE FESTIVAL-2019

 

いよいよ3月16日(火)にてエントリー受付を終了します!!!

お申込みお待ちしてますm(__)m

facebookイベントページはこちら

エントリーフォームはこちら

 

本日はセッター紹介と併せて「当日のスケジュール」と「大会要項」をお知らせしますので、ご確認ください。

 

--スケジュール--

 ※タップで拡大

競技スケジュール

スケジュールは参加人数により一部変更する可能性があります。

 

--大会要項--

大会要項1

 

大会要項2

 

 

それでは一昨日に引き続き4人目のゲストセッターを紹介します!!

一体何人呼んでんだって感じですよね(笑)頑張りました( `ー´)ノ

1人目・・・徳永一也

2人目・・・山下和彦

3人目・・・渡辺数馬

 

それでは4人目・・・

 

井関 徹(Toru Iseki) DATA;福岡県/173cm/35歳  

 井関徹

井関徹1

 

通称、イセッキー。

24歳のときにクライミングと出会い、主に九州の岩場やジムスタッフ(ラリーグラス長丘)にて経験を積んだ。

 

主な活動実績としては、九州を中心にジムの営業セットに携わり、現在では多くのジムのコンペでゲストセッターとして活躍している。

また、2017年4月には自身のクライミングジム「ベアハンズクライミングジム」を城南区七隈にOPEN。

 

ECOLEでのセットは昨年に続き今回が2回目。

昨年の課題は、スタンスの悪さをうまく使った課題が印象深いが、ダイナミックな課題も多々あり、とにかく登りごたえ抜群!

ただ悪いのではなく“出来そう”って思える課題づくりが特徴で、何より出来た時に気持ち良さがある。

 

この気持ち良さをぜひ今年もフェスで味わってほしくて今回もお呼びしました!!

 

参戦される方は、出来そうで出来ない、けど出来たら気持ちいい☆イセッキー課題にご期待ください!!

 

エントリーがまだの方は迷わずエントリーを!!

 

【セッター井関徹から選手へ向けて一言】

今年は当日も選手の皆さんとコンペを盛り上げていきたいと思いますので、宜しくお願いします!

 

期待が膨らみますね!! お楽しみに☆

 

また明日、最後の5人目を紹介します(^^♪ 乞うご期待!!

 

エントリーフォームはこちら